卒業生がどのように合格を勝ち取ったのか?
そしてその後どのような大学生活を送っているのか?
合格するまでと、合格した後の卒業生のストーリーを紹介。

文化学園大学杉並 R.Tさん

合格

慶應義塾大学総合政策学部 総合政策学科

合格までのストーリー『合格までのリアル』

  • Q. ワークショップでの受験生活を振り返っての感想
    ワークショップに入るまでは、目標に定まっていない上に、受験勉強とは何をするべきなのかも曖昧でした。ですが、毎回の授業や小テスト、周りの人達の影響を受けることで、ここまで来ることができたと思います。また、元々文章を書くことが苦手でしたが、毎週の授業や、添削・書き直しをくり返し、小論文に自信を持てたことも合格につながったと思います。成績がなかなか伸びなかったりと辛くて大変なこともたくさんありましたが、最後までやり切って良かったです。先生方、スタッフの方々あリがとうございました。
  • Q.入塾したタイミング
    高3の4月
  • Q.ワークショップを選んだ理由
    友人の紹介
  • Q.ワークショップで思い出に残っていること
    夏の夏期集中特訓や1000題テスト
  • Q.現役合格につながったと思うこと
    上手くいかなくてやめてしまいたいと思っても、あきらめずに毎日勉強をし続けたこと。
  • Q.受験期に最も悩んだこと
    勉強の結果が出なかったこと。特に私は暗記が苦手で入試が近づくにつれて、覚えられないことからとても焦りましたし怖かったです。
  • Q.ワークショップの後輩にメッセージ
    あきらめずに目標に向かってがんばって下さい。

文化学園大学杉並 R.Tさん

合格

慶應義塾大学

合格からのストーリー『合格からのリアル』

  • Q.授業について
    SFCは慶應の他学部とは異なる点が多いように感じています。特に、必修科目が圧倒的に少ないです。言語科目と体育、その他2-3つほどしか必修科目がないため、自分の興味のある授業を中心に時間割を組むことができます。また、どの授業の先生方もとても個性的で聞いていてとっても楽しく、先生の世界にのめり込んで行くような感覚で面白いですよ。
    他にも、学期末に行われるテストの数が少ないです。その分、日頃の課題のレポートの文字数が多かったり、あるいは学期末に提出するレポートがとても重かったりするのですが、テストが少ないのは特徴的だなと感じています!
    また、言語の授業も学期ごとに変えることができるのも特徴だと思います。
  • Q.部活動・サークルについて
    私は、UNICORNS Songleadersというチアダンスサークルに所属しています。週5日の練習と、日々自宅でトレーニングや演技の練習をしたりととっても忙しいです。ですが、チーム一丸となって日本一を目指しながら、学園祭や単独舞台公演を通して見て頂く方に表現するというのを追求する日々は、今しかできない青春だなと噛み締めて活動しています。また、普通の大学生活では築けないような仲間にも出会えて、とても嬉しく思っています。
  • Q.周りの環境について
    キャンパスには留学や浪人などを経て入学してきた人が多くいるため、年齢が自分より1〜2年ほど上の人が多いです。そのため、なんだかテンションや価値観が合わないことも多くあります笑
    ですが、周りの学生はとても意識が高いため、たくさんの刺激を毎日感じることができ、日頃から自分の成長や将来の役に立つものを吸収することができ、恵まれた環境だなと感じています。
    また、sfcは4年間同じキャンパスのため、1年生と4年生などの先輩が同じ授業を受けることも多くあります。グループワークや話し合い、意見交換などの時間が多くあるため、そのタイミングで色々なことを知ることもできます!
  • Q.設備について
    正直立地に関しては便利とは言えません笑
    最寄駅は湘南台駅か辻堂駅になるのですが、都心から1時間から1時間半ほどかかります。また、駅から学校までバスに乗らなければならず、朝などの授業前は激混みです。ですが、私はこのキャンパスの気に入っている面もあります。都心から離れていることによってとても自然が豊かでのびのびとできるところや、風の音が静かに聞こえてくると少しいい気分になれます。また、大きな図書館や、技術関係の機材など、私はまだ使ったことはありませんが、そのような機材が多くあると聞いたことがあるので、興味のある方にはとてもいいと思います!
  • Q.その他
    OCやパンフレット、学校見学などに積極的に行き、自分の心に正直にどこに行きたいのか妥協をせずに目標を定めてみてください。そのことについて誰かに反対されても止められても、自分が心から行きたいと思う大学を目指すことが合格に繋がると思います。また、ワークショップの先生方や石井さん原さんチューターの方にも相談して、しっかりと戦略を練った上で突き進んでください!