卒業生がどのように合格を勝ち取ったのか?
そしてその後どのような大学生活を送っているのか?
合格するまでと、合格した後の卒業生のストーリーを紹介。

淑徳与野高等学校 Y.Iさん

合格

慶応義塾大学総合政策学部 総合政策学科

合格までのストーリー『合格までのリアル』

  • Q. ワークショップでの受験生活を振り返っての感想
    はじめは下田先生にひかれて入塾に至りました。しかし私は文系だったので朝倉先生の授業を受けることが増え、その後直前期は成川先生以外視野に入らなくなり、楽しく英語を勉強しました。つまり何が言いたいのかと言うと、先生を好きになり、環境をありがたく上手に利用すれば満足のいく受験ができる!ということです。これを読むすべての受験生の成功を心よりお祈り申し上げます。がんばって下さい。
  • Q.入塾したタイミング
    高3の春期講習
  • Q.ワークショップを選んだ理由
    下田先生がいたから。
  • Q.ワークショップで思い出に残っていること
    夏の1000題テストで1000点とれなかったこと。
  • Q.現役合格につながったと思うこと
    成川先生を好きになったこと。
  • Q.受験期に最も悩んだこと
    夜型になり、効率の悪い勉強ルーティンになってしまったこと。
  • Q.ワークショップの後輩にメッセージ
    辛くなったらすぐ信頼できる人に相談するといいと思います!応援しています!がんばってください!!

淑徳与野高等学校 Y.Iさん

合格

慶応義塾大学

合格からのストーリー『合格からのリアル』