卒業生がどのように合格を勝ち取ったのか?
そしてその後どのような大学生活を送っているのか?
合格するまでと、合格した後の卒業生のストーリーを紹介。

淑徳高等学校 A.Kさん

合格

大正大学文学部 日本文学科

合格までのストーリー『合格までのリアル』

  • Q. ワークショップでの受験生活を振り返っての感想
    意識の高い塾生と面倒見の良いチューターさんとプロフェッショナルな講師の方々に囲まれ、安心してノンストレスなまま最後まで走り抜くことが出来ました。ワークショップは塾長をはじめ、皆さんが塾生の顔と名前・成績なども把握しているので、アットホームな雰囲気で安心して1年間通塾することが出来ました。質問もしやすい環境で、受験が近付いた時にもプレッシャーに打ち勝てるよう様々なアドバイスを頂いたりと手厚く最後までサポートして頂き、心強かったです。
  • Q.入塾したタイミング
    高2の2月
  • Q.ワークショップを選んだ理由
    英語が嫌いになりかけていた時に成川先生の体験授業を受けて、好きになったからです。
  • Q.ワークショップで思い出に残っていること
    ワークショップに入塾するきっかけにもなった、成川先生の体験授業です。
  • Q.現役合格につながったと思うこと
    ポジティブすぎるくらい自分自身を信じたことです。
  • Q.受験期に最も悩んだこと
    悩んだことないです。
  • Q.ワークショップの後輩にメッセージ
    努力は必ず報われる
    私は小学生の頃からこの言葉を自分の座右の銘としてきて、この大学受験でよりこの言葉を好きになれました!
    みなさんも何か一つ座右の銘を見つけて、第一志望に向かって努力を続けて下さい!
    頑張って下さい!応援しています!!

淑徳高等学校 A.Kさん

合格

大正大学

合格からのストーリー『合格からのリアル』