卒業生がどのように合格を勝ち取ったのか?
そしてその後どのような大学生活を送っているのか?
合格するまでと、合格した後の卒業生のストーリーを紹介。

東京成徳大学高等学校 A.Mさん

合格

武蔵野美術大学造形構想学部 クリエイティブイノベーション学科

合格までのストーリー『合格までのリアル』

  • Q. ワークショップでの受験生活を振り返っての感想
    高3の夏にワークショップに入塾しました。今まで毎日部活に打ち込んでいたため、夏から授業についていけるかとても不安でしたが、先生方のお陰で受験を乗り越えることができました。11月頃に芸術系に進みたい気持ちが強くなり、先生に相談したところ、何の迷いもなく受けても大丈夫と背中を押してもらいました。普通の大学と美大を受験することになりました。私にとってワークショップは、新しい発見や驚き、刺激を受ける場でした。ワークショップに出会えて幸せです!ありがとうございました!
  • Q.入塾したタイミング
    高3の夏期講習
  • Q.ワークショップを選んだ理由
    外部で成川先生の授業を受けて衝撃と感動を覚えて、成川先生の授業をレギュラーで受けたいと思ったから。
  • Q.ワークショップで思い出に残っていること
    ・体験授業の申し込みの電話を掛けたこと。石井先生が出てくれました!
    ・成川先生に初めて名前を呼ばれた時。
  • Q.現役合格につながったと思うこと
    ・ターゲット1900はできるだけ早く終わらせたこと。
    ・思い立ったらすぐに行動したこと。
  • Q.受験期に最も悩んだこと
    本当に自分が進みたい道に進んでいいのか、美大の対策を11月まで全くしていなかったので、とても不安でした。
  • Q.ワークショップの後輩にメッセージ
    進路で悩んだら迷わず先生方に相談してみて下さい。先生方は必ず背中を押してくれるし、人に話すことで自分の本当の気持ちがわかるはずです!受験頑張って下さい!

東京成徳大学高等学校 A.Mさん

合格

武蔵野美術大学

合格からのストーリー『合格からのリアル』