卒業生がどのように合格を勝ち取ったのか?
そしてその後どのような大学生活を送っているのか?
合格するまでと、合格した後の卒業生のストーリーを紹介。

都立豊島高等学校 M.Sさん

合格

國學院大学人間開発学部 健康体育学科

合格までのストーリー『合格までのリアル』

  • Q. ワークショップでの受験生活を振り返っての感想
    ワークショップでの受験生活で最も成長した部分は、自己分析能力だと感じました。ワークショップに入るまでは、友達のやり方を真似したり、ネットで調べた方法で勉強していました。しかし、先生やスタッフの方とのコミュニケーションを通して、学力向上には自己分析が大切だと気付きました。そして、上手くいかない時は自己分析をする癖がつきました。その習慣のおかげで、自分の弱点や改善点を見つけやすくなったと思います。
  • Q.入塾したタイミング
    高3の7月
  • Q.ワークショップを選んだ理由
    母の職場の方からの紹介がきっかけで知り、体験(成川先生)に参加したときに、すごく分かりやすく魅力的に感じたから。
  • Q.ワークショップで思い出に残っていること
    「英語の1000題テスト」(8月あたりの周りの様子)
    英語が苦手な上に、まだワークショップに慣れていなかったこともあり、不安や焦りを感じている中、周りの生徒が必死に勉強している姿を目の当たりにして、「もっと頑張らなくちゃ」とスイッチが入った瞬間だった。
  • Q.現役合格につながったと思うこと
    ・ワークでの自習で小テストを活用し、たくさんアウトプットしたこと→自分の課題点を明確にすることができたから
    ・先生に質問しに行ったこと→自分で気づくことのできなかった「苦手」や、それを克服するための対策、似た問題演習のテキストを紹介してもらうなど、親身になってアドバイスをくれる!
  • Q.受験期に最も悩んだこと
    〈「苦手」「不安」といったマイナスな意識〉
    どうしても、他の受験生との差が一気にかかったり、元々苦手な教科へのマイナスなイメージが増えていったこと。(「勉強の悩みは勉強でしか解決できない」と聞いて、今まで以上に苦手教科に時間を使うようになった。そのおかげで、少しずつ意識を変えることができた!)
  • Q.ワークショップの後輩にメッセージ
    ワークの良いところは、先生もスタッフさんも、みんな本当に親身になって寄り添ってくれるところだと思います。ささいなことでも、少しでも悩んでいたら、頼って下さい。絶対に成長できます!ワークの仲間を信じて、最後まで全力で挑戦して!!応援しています。

都立豊島高等学校 M.Sさん

合格

國學院大学

合格からのストーリー『合格からのリアル』